釧路の日帰り天然温泉『大喜湯』のよく効く症状 其の3【運動麻痺】

こんにちは、釧路市の日帰り温泉「大喜湯昭和店」です。

さて、7月を迎えようやく釧路も暖かくなってきた今日この頃。運動をする機会が増えた方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今日は運動麻痺について、書き綴っていきたいと思います!

 

- 運動麻痺とは -

大脳の運動神経から筋肉に至るまでのどこかに障害があり、随意的な運動ができない状態のこと。

麻痺の程度により、完全麻痺と不完全麻痺とに分けられます。麻痺の部位により、単麻痺(四肢のいずれか一肢の麻痺)、片麻痺(左右どちらかの上・下肢麻痺)、対麻痺(左右両下肢の麻痺)、四肢麻痺(四肢すべての麻痺)に分けられます。

 

 

とのことです!

一口に運動麻痺と言っても、重度なものから軽いものまで様々あるようです。

 

では、温泉との関連性はどうなのでしょうか?

 

 

運動障害の中でもリハビリや運動に励むことで障害の程度が軽くなったり、回復したりするものがあります。

脳卒中などで脳がダメージを負って運動麻痺になった場合、命令を出す脳の一部に障害を負っただけで脊髄や筋肉そのものに問題があるわけではないので、リハビリをして脳が正しい信号を送れるよういなれば改善されることもあります。

そのリハビリの一環として温泉を取り入れてみるのもいいでしょう。ぬるめのお湯に入ると鎮静効果でリラックス状態になりやすく、逆に温度が高めのお湯に浸かる場合は神経系、循環器系を興奮させる効果があると言われています。

また、水中では浮力作用により体重が軽くなるので、運動障害のリハビリとして体への負担を軽減することができます。旅行気分で温泉を楽しむことで精神をリフレッシュさせる効果も期待できます。

運動機能障害・運動まひにおすすめの温泉【るるぶトラベル】で国内旅行予約
より引用

 

 

いかがだったでしょうか?

みなさんの健康増進のために是非、釧路市の日帰り温泉「大喜湯」をご活用くださいませ!!

 

おわり