釧路の日帰り天然温泉『大喜湯』のよく効く症状 其の1【神経痛】

こんにちは、大喜湯 昭和店です。

 

さて釧路が誇る日帰り天然温泉「大喜湯」ですが、弊店のお湯が具体的にどのような症状に対して効き目があるのか、よくわからない人も少なくないのではないでしょうか。

今日はその中から『神経痛』に焦点をあてて書き綴っていきたいと思います!

 

- 神経痛とは -

人の体においてさまざまな原因により、末梢神経が刺激されることに起因する痛みのことである。

wikipediaより引用

 

なるほど〜ざっくりです。

 

 

続いて、どのような特徴や症状が現れるのでしょうか。

 

一般に発作性の痛みが反復して現れることが多く、不規則に起こるが長時間続くことは少ない。原因不明の特発性のものから、原因のはっきりしたものまで含め、特定の末梢神経領域に起こる痛みを総称し「神経痛」と呼ぶ。

手足や関節などに起こりやすいが、全身いたるところに起こりうる。強い針で刺したような、あるいは焼けつくような痛みが特徴的。

末梢神経への圧迫や炎症などが直接的な原因と考えられる。特に秋から冬にかけて増える傾向がある。痛みはリウマチにも似ているが、神経痛では関節の変形はおこらない。

wikipediaより引用

 

ちょっとどのような痛みなのか想像しにくいですが、「なった人にしかわからない」というのが神経痛の真骨頂のようです。

 

 

じゃあ、具体的に温泉を使ってどのように直していくのか?

 

 

神経痛では、まずは痛みの原因を探り、それが判明した場合は症状の原因となっている部分を治療していきます。その際に、痛みを抑える対症療法を同時に行っていくのが一般的とされており、その一つとして温泉療法があります。

 

「椎間板ヘルニア」など、発症した直後で患部が熱を持っていたり、炎症を激しく起こしていたりする場合は患部を温めるのはよくありませんが、日常的に治療を続けていく上では体を温めることは有効とされています。体を温めることで血行が良くなり、筋肉や関節の緊張を解くことで患部に十分な酸素や栄養素が行き届いて、痛みが和らぐという仕組みです。

 

いかがだったでしょうか?

 

「神経痛」を患っている釧路市在住にかたは是非、釧路の日帰り天然温泉『大喜湯』まで足をお運びくださいませ。よろしくお願いしますー!

おわり